よねまるです、

ご無沙汰しています。

 

実は今年の9月から

我が家に、新しい猫ちゃんがやってきました。

 

推定4月生まれの兄弟の子猫です。

1508188719035-443x591

 

右がごまちゃんオス。

左がとろちゃんメス。

 

トラちゃんがいなくなってから3年、

あいつに変わる猫なんか居るわけがないし、

もう猫は飼いたくないな・・・

 

と思ってもいたのですが、

 

ある日、トラが夢に出てきたのです。

 

「猫と仲良くして欲しい・・・」

 

と言っている気がしたんです。

2014-10-31_20h16_20

 

トラちゃんの最期を看取った我が女房も、

お父さんがそういう気持ちになったんなら、

私はかまわないよ、と言ってくれたのです。

 

そこで、ある週末に家族で保健所から

保健所から引き取って里親探しをしている

NPO団体を訪れ、2匹を引き取ってきたというわけです。

 

我が家のレジェンド、トラちゃんも

喜んでくれるのではないか、と思いました。

 

トラちゃんがお昼寝していたキャットタワーにのぼって、

我が家に着た新しい猫ちゃんは2匹とも

毎日楽しそうに遊んでいます。

 

トラちゃん以上に愛せる猫なんて、

いるわけがないと思っていたのですが、

まあ、2匹ともとてもかわいいのです。

 

生き物というのはやはりいいものです。

 

久しぶりに我が家のなかがあたたかく、

猫達のもたらすぬくもりに包まれています。

 

まあ、今回のごまちゃんとろちゃんも元は野良猫なので、

成長するといろいろな病気を持っている可能性も

ゼロではないといわれました。

 

それを覚悟でこの二匹を引き取りました。

 

できれば何事もない、健康な猫ちゃんのほうがいい。

 

しかし、仮に彼らが何か病気を持っていたとしても、

彼らとの出会いに悔いがあるはずがない。

 

治療法はある。病院からさじを投げられても、漢方薬がある。

 

トラちゃんとの日々を今思い出しています。。。

 

小さな命がもたらしてくれた大きな奇跡を。

 

命の持っているぬくもりが私達家族にもたらしてくれたものを。

 

寿命90年の人間と、寿命15年の猫(家猫)とが、

生きている間にたまたま今生で重なり合って生活できた奇跡を。

 

そう考えると、

悲しかったこともあったけれど、

楽しかったこともたくさんあった。

 

全て感謝や希望に変えることができると思えたんです。

 

トラちゃんと出会えたおかげで、今私達は、

ごまちゃんとろちゃんとの出会いに感謝しながら

楽しく生活することができます。

 

ありがとう。

 

また、たまに書かせてもらいます。

 

よねまる