よねまるです、
お越しいただきありがとうございます。

ブログにお越しいただいた方からよく、
「ササスぺを飲ませたいが嫌がって吐き出してしまうので、
うまく飲ませる方法を教えてほしい。」

「カプセルを上手に飲ませる方法を教えてほしい。」

というお問い合わせをいただきます。

私の解説がもう少し詳しければ、
迷わせることはなかったのに、
大変失礼いたしました・・・

読者様からお問い合わせをいただいたときにお送りした
メールを転記しておきますので参考にしてください。

ササスペをはじめとする漢方によるがん治療は、あなたのねこちゃんに食欲があるのなら、十分に試す価値があるのです。

どうか頭の固い病院の先生にさじを投げられても、諦めないでください。

以下。
——————————————————-

ところで、余計なご質問になってしまうかもしれませんが、
数点お聞かせください。

ササスぺは
コラストロム以外のミックスでは試されたのでしょうか?

猫はササスぺの味ではなく、コラストロムの味で
嫌がっているという可能性もありますし、
あるいは、コラストロムの味ではササスペの癖を
隠しきれないなどの可能性もあります。

もしまだ食事をする体力があるのであれば、
ササスぺを別の方法を試されてもよいと思います。

ササスぺに混ぜるものの味がよければ、
猫ちゃんはストレスなくササスペを飲み込みますから。

なぜここまでしてササヘルスとシベリアレイシをお勧めするかというと、
免疫向上に効果があったと確信できたからなのです。

たとえば、私はヒルズダイエットのA/D缶を買い求め、
ざるで裏ごししてペースト状にしたものにササスぺを混ぜて
シリンジで与えたりしてみました。

ササスぺ 5CC
A/D缶ペースト 5CC
水 5CC

を混ぜて合計15CCの物を各朝晩で与えていましたがよく飲んでくれました。
(ササスぺ総量は1日10CCとなります。)

A/D缶には栄養もカロリーもあります。

シリンジは口の横から奥歯側に差し込み、
1CCずつ与えることがコツです。

一気にやるとストレスになりますから、
15回繰り返して与えます。

とらちゃんはこれで味にだまされてよく飲んでくれました。

猫ちゃんによって味の好き嫌いがあるので、
A/D缶が合わない場合もあります。

そうしたら他のペースト状の餌でも試してみます。

シマチュウに売っているペースト餌でもうまく行きました。

なかなかうまくいかなければ、ササスぺを5CCではなく、
3CCにしてみるなども試してみたいです。

とにかくこの辺はトライ&エラーです。

 

弱った猫ちゃんにカプセルをノンストレスで飲ませる方法

カプセルのほうはストレスなく飲んでいるのでしょうか?

(※ササスぺセットの中で苦み成分の強い漢方は別枠でカプセルに入れて与えると良いのです。その場合の注意点を書いてあります。)

もし猫ちゃんがカプセルにストレスを感じているようでしたら、
飲ませる前に、カプセルをいったん水にぬらしてから、
するっと飲み込ませると楽に飲めます。

人差し指、中指、親指の三本でカプセルを持ち、
その状態で器に用意しておいた水に浸すのです。

これでカプセルの周りに水をまとったような状態が作れます。

そのままその手を猫ちゃんの口の正面に持って行き、
中指を使って下あごをこじ開けるようにして、
3本指で舌の奥のほうに「つるっ」とおいてあげる
簡単に飲み込みます。

この方法は佐野先生にもお教えしました。

佐野先生は弱った猫に対するカプセルの投与には反対でしたが、
水でぬらしてから与えるという方法にはご評価いただきました。

苦くてササスペが飲めないネコちゃんがいた場合に
いい方法だと言ってくださいました。

まだ食欲があるのに、消炎剤だけを飲ませ、
カプセルもやめてしまったというのであれば、
ぜひとも参考にしていただきたいと思いました。

以上、参考にしてみてください。

————————————————–

トーマス君、光をありがとう。

合掌。

よねまる