猫ちゃんの癌の治療をあきらめない。

漢方治療で腫瘤の縮小!!

  • HOME »
  • 漢方治療で腫瘤の縮小!!

「あなたの信じていたことは本当だったんだね」

抗癌剤で治療に半年かかると言われていた左鼻の穴の腫瘤が、なんと、新処方ササスペ成分を完璧に与え始めて10日間で明らかな変化を見せました。

以前は白い肉の塊みたいなものが穴の外にはみ出ていたのですが、それが引っ込んで「鼻の穴」形状に戻っていたのです。

最初は毎日見ていたので、気のせいだと思っていたのですが、下の娘が、「おとうさん、とらの鼻の穴の形が変わってきてるよ」というのでよく見てみたら、明らかに盛り上がってはみ出していた肉は消えてなくなり、鼻の奥のほうが見えるようになっていたのです。

これは漢方治療で初体験する目に見えた効果にしては、衝撃的な現象でした。

たしかに間違いない変化ではあったのですが、心の中にはまだ「漢方は効かないのでは」という思いがあり、現実を認める気持ちにブレーキがかかっていたのだと思います。

変化を察しながらもなんとなくまだ腑に落ちないというか、母の治療時代に「いつ悪化するかもしれない」という恐怖と常に隣り合わせだったので、少しの変化に一喜一憂したくないという警戒心もありました。

ですが、治療に対して非常にクールだった娘に言われて、私自身、これは間違いなく縮小だと、認識できるようになりました。

インターフェロンを打ちに行きたいと言っていた女房は、まじまじとトラの顔を見てしっかりと状況を反芻しながらようやっと状況が飲み込めたらしく、呆然として言葉を失っていました。

それからさらに4日ほどで、腫瘤に邪魔されて外に出られなかった膿が外に出てくるようになりました。

「あなたの信じていたことは本当だったんだね」

と女房が言いました。

私は結構「あやしいもの」好きなので、免疫で病気を治療するとか言うたぐいのものの他、UFOや宇宙人、超常現象、超能力、心霊現象、スピリチュアル、気功などの「ほんとうにあやしそうなもの」も含めて嫌いではないのです。というより、結構好きなのです^^;

ですから、普段全く私の言うことを信じたがらない女房は今回のことについては認めざるを得ず、漢方の効果を私以上に思い知ったという感じでした。

私は思わずガッツポーズを取りました!

そして、先生に久しぶりにメールをしたのです。

以下。

——————————————-

2月5日

先生

よねまるです、
いつも大変お世話になります。

ご無沙汰しております。

今日は良いご報告です。

新調合のササスペをいただいてから
約10日経ちましたが、
トラちゃんの左鼻の腫瘤が
明らかに縮小しました!

以前は白い腫瘤が鼻の穴から飛び出て
完全に穴を塞いでいましたが、
現在はまだ腫れていて完全ではないものの
「穴状」に戻ってきています。

この1週間位で変化が出始めましたが、
糠喜びはまずいと思い若干半信半疑でいました。

ところが今日鼻をマッサージしていたら
あくびをした時にこれまで絶対に出てこなかった
青っ鼻が左鼻から出てきたのです。

青っ鼻はあくびをやめたらすぐに引っ込んでしまいましたが、
明らかに新しい兆候だと思えます。

抗癌剤などに流れず、
先生に教えていただいたことを信じてよかったです!

ありがとうございました。

依然として右鼻からは鼻血が出続け口が臭いのですが、
辛抱強く続けてゆこうと思っています。

あまりにも臭いがきつくなってきたら
また抗生物質を一瞬だけ飲ませようと思っていますが、

漢方治療としては歯肉炎や鼻血については
今のものを続けていればよろしいのでしょうか?

取り急ぎご報告でございます。

ありがとうございました。

—————————————-

以上です。

まだ鼻血が出ていて、息も臭かったのですが、十分に希望が持てる変化を感じていました。

報告をしたら先生はすぐにご連絡をくださり、「予定通りの結果が出た」と、とても喜んでいただきました。

続いて出ている鼻血も心配だったのですが、この処方を続けることでいずれ鼻血も止まると思いますというお話でした。

猫の体調がよく、食欲旺盛、うんちおしっこ順調、ごきげん最高、というのが期待できる好材料だということでした。

この成果を先生のブログにアップしたい、というリクエストだったので、以下のメールで快くOKさせていただきました。

以下。

———————————————

先生

よねまるです、
おはようございます。

昨日はお電話まで頂きありがとうございました。

ブログのアップの件、もちろんOKですよ。

実は、頂いた処方を全て混ぜるとどろっとして、
味が苦すぎてスープに混ぜても飲ませることが
出来ませんでした。

苦いササスペを与えると逃げ回り、部屋中に
全て吐き出してしまうトラを見て悲しくなりました・・

正直最初はわたしもかなり落胆をしていました・・

それでも抗癌剤を避けて、
なんとか免疫療法でよくしてあげたい、と考え、
工夫をして飲ませたのです。

マツキヨに売っている「空のカプセル」を買ってきて
苦い粉だけ手動で詰め込みました。

当初ロスがありましたが、この方法をつかってからは
頂いた薬を一日所定分全てを飲ませることが出来ています。

ササスペを飲ませることが出来ない、
とお悩みの飼い主様も多いと思います。

とにかく、佐野先生の処方で腫瘤が小さくなったということと、
飲ませにくければ飲ませる方法がある、ということです。

この記事を見て希望を持ってくださる飼い主様が
お一方でも増えてくだされば私もうれしいです。

飼い主様!どうか希望を捨てずに、猫ちゃんに優しく、
頑張りましょう!

ありがとうございました。

———————————————-

以上です。

先生のブログを通じて、この結果がひとりでも多くの方に伝わってくれればいいな、と思って返信しました。

 

 

PAGETOP