猫ちゃんの癌の治療をあきらめない。

漢方先生から餌のやり方のアドバイス

  • HOME »
  • 漢方先生から餌のやり方のアドバイス

 

ササスペ入りの餌をを食べさせる方法

トラちゃんにまずいササスペを飲ませるにはどうしたら良いのか、漢方先生に相談しました。

———————————

2013/10/27

先生

よねまるです、
先日は電話で丁寧なご説明、
ありがとうございました。

早速、ササスペセットが届きました。
早い対応を有難うございました。

ご指示通り、卵の黄身に混ぜて
鰹節をかけてみたり、
早速挑戦してみましたが、

どうも匂いが気に入らないらしく、
まるで近寄りません。

その他猫ミルクに混ぜてみたりと、
やってみましたが、

匂いが気に入らない、という雰囲気です。

昨日は私もつい短気を起こして
注射器で直接猫の口に注入したら
吐き出して逃げてしまいました。

本日は猫用のスープを買ってきて、
それに微量(1CC程度)のササスペを入れて
飲ませてみましたが、それはなんとか飲みました。

しかしこのままでは一日5CCを飲ませるのは、
かなり難しいです。

焦らず少しずつの量で慣らしてゆく、
という考え方でもよろしいのでしょうか?

みなさんどんな方法で飲ませているのでしょうか?

何かコツというか、
アドバイスが有りましたらお願いします。

—————————————————-

この時の先生のアドバイスでは、猫が好きな餌に混ぜるか、「土佐○水港直送の焼きかつお」という猫おやつがあるのでそれを乗っけると騙されて食べるというものでした。

ためしにこの土佐○水・・を買ってみて与えると、なるほど匂いが良いらしくよく食べます。

しかし、土佐清水・・だけを選びとって食べてゆくのです(コノヤロー!)

その他のコツとしては、

  • よく混ぜて空腹時に差し出すこと
  • ササスペを混ぜた猫缶に煮干の粉を混ぜてみる
  • スープに混ぜてみる

などでした。

いろいろ試してゆくうちに少しずつ慣れてきてなんとか1日5CCは飲めるようになってきたのですが、やはりトラちゃんも「芋虫の味」は嫌いと見えて、しれっとササスペを多めに混ぜると全然餌に手を付けなくなります・・10CCを与えるのなんて至難の業です。

こんなふうに右往左往しているうちに一旦収まったと思っていた鼻血が再発し、鼻水混じりではなく、真っ赤な鮮血になって量が増えてしまったのです。

先生の処方には液体のササスペの他に錠剤もあります。病院からもらった錠剤も合わせて飲ませていたのですが、最初は液体のササスペだけではなく、この錠剤の扱いにも苦労していたのです。

猫に口を開けさせて薬を飲ませるなんて絶対に無理だ・・・八方ふさがりな状態だったのです。

次のページでは錠剤の飲ませ方のコツを先生からアドバイスを受けました。

PAGETOP