今日は、悲しいお知らせをしなくてはなりません。

 

実は、トラちゃんが10月23日の午前10時30分に、旅立ちました。

 

漢方治療に希望を持ってもらうために作ったサイトですが、

嘘偽りなくすべてをお話しすることを旨として立ち上げたので、

辛い報告も包み隠さずするしかないのです。

 

最後は腎不全を起こし、亡くなる3日前から食事をとらなくなり、

水分も摂取できず辛かったですが、穏やかに息を引き取りました。

 

まだ気持ちの整理がつきませんが、

穏やかに、薬の辛さ苦しむことなく穏やかに最期を迎えられました。

 

最期の瞬間、私は仕事に出ていました。

 

たまたま自宅に引き返してきていた女房が異変に気付き、

そばに寄り添って看取ってあげることができました。

 

そういう点、最高に幸せな猫だったのではないかと思います。

 

2014年3月にリンパ腫による鼻の腫瘤が完治して以来、

実は何度か体調を崩していました。

 

そして、4か月後の7月末に、食欲がなくなったため

病院でエコー、CTの検査を受けたところ、

 

「腸の周辺全域にリンパ腫による影がある」

 

と言われました。

 

この状態は判断の急を要する、余命は1か月。

 

抗がん剤を強く勧められました。

 

私たち家族は、これを断固拒否しました。

 

そして、その後佐野先生に相談し、

処方していただいた漢方薬で食欲が復活し、

元の状態に戻ることができたのです。

 

ところが、この10月4日、

急にぐったりして動かなくなったのです。

 

油断して漢方の量を減らしたのがまずかったのでは、

と思いました。

 

再び佐野先生に相談しながら必要な漢方を集め、

トラちゃんに飲んでもらいましたが、

食事を一切口にせず、薬も吐き出すようになり、

手が付けられなくなりました。

 

ミラノンを与え吐き気を止めることができましたが、

食欲を戻すことはできませんでした。

 

病気の急激な進行に打ち勝つことができませんでした。

 

酸素濃縮器をレンタルし、ホームセンターで2000円の

簡易温室を購入して、「酸素ルーム」を作り、

トラちゃんをその中に入れてあげました。

 

これにより体調を安定させることができました。

 

場合によってはこれにより復活して、また食欲を戻し、

漢方を飲ませられるようになることもある、とのことでした。

 

ですが、わがトラちゃんはそこまでの復活には及びませんでした。

 

一体何がまずかったのか?

 

そのあたりを整理して、

・治療の良かったところ。

・改善できそうだったところ。

 

を私なりにひも解いてみたいと思います。

 

このブログをご覧になった方の、

猫ちゃんが長く健康でいられますように。

2014-10-25_09h39_12

こちらは、調子の良い時に私の布団ですやすや眠るトラちゃん・・

 

今もこんな風に穏やかな顔で過ごしていることを・・・

 

まずは、トラちゃん、本当に今までありがとう。

 

家に来てくれた5年間で子供たちは大きく成長し、

君のおかげで命のぬくもりを知り、

優しさと思いやりを身につけることができました。

 

とにかく、トラちゃんが居なくて、寂しいです・・・

 

トラちゃんの手に、しっぽに、後頭部に、ふわふわしたお腹に、

タッチできない・・・

 

天国に行っても魂はつながっている、なんて話もありますが、

これが「現世の別れ」の辛さなんだということを、

ひしひしと感じています。

 

私たち家族は君が来てくれたおかげで、

とても家の中が明るく、幸せになりました。

 

団らんに、いつも君は居てくれました。

 

私たちが感じているくらいに、

トラちゃんも幸せだったんだろうか?

 

元野良猫のトラちゃんにとって、

室内だけの生活って、本当の幸せだったんだろうか?

 

こんな疑問も湧いてきたりしました。

 

佐野先生に報告したら、

「家族が心を合わせて治療をしてくれる家庭に入れて、

こんな幸せな猫ちゃんはいませんよ」

と言われ、外出先で少し涙が出てきました。

 

トラちゃんも少しは感謝してくれていることを願います・・

 

とにかく、

私たち家族が一丸となって病気とたたかったが、

君が一番頑張った。

 

免疫で何度も奇跡を見せてくれた。

 

私たちに希望をくれた。

 

君が私たちに残してくれたぬくもりだけは、

鮮明にこの手に、心に、あり続けている。

 

ありがとう。

 

私たちも君への感謝とともにこの辛さを乗り越えます。

 

なので、君はそちらで、安らかであることを祈ります。

 

重ねて、佐野先生、

先生に会わなければ、私たちはこのような

命の奇跡を知ることはありませんでした。

 

本当にありがとうございました。